ページ

2019年12月1日日曜日

raspberry pi : Vim インストール

目的:

インストールされている Vim の確認、及び Vim の再インストールを行う。

手順:

  1. インストールされている Vim の確認
    dpkg -l | grep vim
    で、インストールされている Vim を確認する。
    確認結果、 Vim-tiny がインストールされていた。
    Vim-tiny では 有効にならないオプションがある (下線 等) とのこと。
     
  2. Vim-tiny のアンインストール
    sudo apt-get --purge remove vim-common vim-tiny
    で、Vim-tiny をアンインストール
  3. 通常のvim をインストール
    sudo apt-get install vim
    で、通常版の Vim をインストール
  4. .vimrcを設定
    ホームディレクトリに .vimrc を作成する。
    設定例は以下の通り
  5. "クリップボードからのコピペを可能にする
    set clipboard+=unnamed
    
    " 行番号表示
    set number
    
    "カレント行ハイライト
    set cursorline
    " アンダーラインを引き、カーソル行に色を付けない場合
    highlight CursorLine cterm=underline ctermfg=NONE ctermbg=NONE
    " アンダーラインを引かず、カーソル行に色を付ける場合
    "highlight CursorLine cterm=NONE ctermfg=white ctermbg=black
    
    " Beep 音 を OFF
    set vb t_vb=
    

  6. sudo 付きでの vi 対応
    sudo 付きで vi を実行した場合は、root の設定が使用される。
    このため、rootの .vimrcを上記ホームディレクトリ のvimrcのシンボリックリンクにする。
     ( 基本的に、自分しか使用しないため。複数の人が使用する場合は検討要 )

    sudo ln -s ~/.vimrc /root/.vimrc

     

0 件のコメント:

コメントを投稿